サービス紹介


ワークフロー

セラミックスの特性を知りつくした当社では独自のノウハウを蓄積し、
焼成後の収縮歪みなどを見越した製品を作り出します。

原料

用途に合わせて数種類の中から材料を選びます。
→対応素材紹介

調合

数種類の原料をボールミルに投入し、水を加えて混合します。

噴霧乾燥

スプレードライヤーの内部は高温で、液体状の原料が瞬時に50~80ミクロンの顆粒状に変わります。

プレス成形

顆粒状の原料を粉末プレス機で成形します。

加工

プレス成形で対応できない形状は追加工します。焼成後の加工と比べコストメリットがあります。

焼成

成形品を焼成炉に入れ1,300 ~ 1,650℃で焼成します。材質により最適な温度を調整。 独自の技術で炉内の温度のバラツキを最小限に留めています。

仮焼・施釉

焼成を途中で止め仮焼成品の状態で、仮焼成品に釉薬をつけます。

バレル研磨・研削ラッピング

寸法規格の厳しい製品は、焼成後にミクロン単位で加工します。

出荷検査

最新鋭の測定機器で寸法規格を厳しくチェック。お客様のニーズに対応します。

製品

配送先の状況に合わせて、場合によっては真空パックなどの梱包をし、出荷します。

ファインセラミックス部品の設計、量産化のお手伝いをいたします。

0564-51-4648
9:00-17:00( 土日除く)
©2017 YASUFUKUCERAMICS CO.,LTD. All Rights Reserved.